<< ドイツW杯:イングランド対パラグアイ | main | ドイツW杯:ポルトガル対イラン >>

ワールドカップを自己流で楽しむ方法

2006.06.17 Saturday
0
    W杯ドイツ大会、日本はまさかの黒星スタートとなってしまいました。
    かなり厳しい状況ですが、頑張って残り少ない可能性を現実のものとして欲しいですね。

    さて、4年に一度の大イベント、どの国も意気込みはハンパじゃありません。
    それだけに何が起きるか分からないこんなイベントを自国の試合を観るだけではもったいない。
    そこで、サッカーが詳しくなくても試合中継を楽しめるネタを探して、勝手に楽しむ事にしました。

    ちなみに、情報源はasahi.comやYahoo、Infoseek等のワールドカップ特集です。
    (人名については、サイトによって表記が異なる場合がありますが、その辺は最初に見たサイトの表記に合わせたりしています。)

    まずは、たった今試合が終わったオランダ、コートジボワールのネタから。
    その1:私には無理。
    オランダの選手は長い名前の方が多いようです。
    ファンニステルロイ
    ファンデルファールト
    ファンブロンクホルスト
    フェネホールオフヘセリンク

    ・・・無理。
    覚える以前に、噛まずに一回で読めません。
    唯一、「ファンニステルロイ」だけは聞き覚えがあったけど、それでも無理です。
    W杯が終了するまでに覚えられるのでしょうか。多分無理です。

    その2:親切な命名
    コートジボワールに同名の選手がいるのですが、とっても分かりやすくなっております。
    B・コネ(Bakary Kone)
    A・コネ(Arouna Kone)

    コネ選手を話題にする時は「Aのほう」「Bのほう」と区別することが可能です。
    日本人にも分かりやすい判別方法ですね。

    「だから何なんだ」
    「サッカー全然関係ないじゃんか!」
    って感じなんですけど、いいんです。だって「自己流」だから。

    こういうどーでもいい事を発見すると、うっかりその選手に興味を持ってしまうので、思わず真剣に試合を観てしまいます。
    で、観てみると不思議とサッカーそのものも面白くなってきます。なるんです、私は。

    こんな調子で、今後もネタを見つけては試合中継を楽しみたいと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加    


    人気blogランキング
    スポーツcomments(0)trackbacks(1)|-|by 暴れん坊プリン

    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    英雄の序曲
    「マラドーナの後継者」メッシがついにW杯のピッチに立ち、なおかつ、これまでの最年少記録を打ち破り1ゴール1アシストを記録するという快挙をやってのけた。名門バルセロナで輝く彼も、ついに母国アルゼンチンの「英雄」へと着実に足を踏み出したのだ。 ……実
    • ある「ホストマン」の数奇な運命
    • 2006/06/17 5:53 AM
     
    新しい記事
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    サイト内検索 アーカイブ カテゴリ
    プロフィール トラックバック
    リンク モバイル
    qrcode
    Others


    ムームードメイン
        

    ページの先頭へ


    ヤズ