<< ワールドカップを自己流で楽しむ方法2 | main | ドイツW杯:ドイツ対スウェーデン >>

ドイツW杯:チェコ対イタリア

2006.06.23 Friday
0
    ワールドカップドイツ大会、チェコ対イタリア戦は2-0でイタリアが勝利、イタリアは1位通過、チェコは予選敗退となりました。

    チェコはアメリカ戦では強いチームのような印象を受けましたが、ガーナ戦・イタリア戦では無得点で、精彩を欠いた感じでした。コラー選手が欠けてからはまったく別のチームになってしまったみたいです。
    本来はそんなに弱いチームではないのでしょうが、イタリアにはいいように攻められ、攻めてもなかなか決定的なチャンスは作らせてもらえないといった感じで、かなり力の差があるかのような試合でした。

    中継してたフジテレビではベンゲル氏が「チェコがゲームを支配したのは最初の10分だけ。そして、頑張ってたのはネドベドだけ。」(←かなり雑に要約)とバッサリ。
    確かにそんな感じでしたよね。

    ネドベド選手がからまないプレーではチャンスらしいチャンスさえ作れていなかったようにも思えます。
    しかも一度は代表引退までしたその選手が一番走り回ってたように見えたのは気のせいでしょうか。
    彼一人に頼りきりのチームになってしまっては勝てるものも勝てないでしょう。

    チェコは予選でもワールドカップ出場をなかなか決められず、ネドベド選手の代表復帰のお蔭で今大会の出場を果たしたという話をあちこちのサイトで見かけましたが、結局大会中もそんな状態になってしまいました。

    この試合、一応自己流で楽しむことはできましたが、物足りないと思ったのが正直な感想です。
    最後までどうなるか分からない展開を期待していたので。
    そして、チェコネタがもう活かせないのはとっても残念です。

    言いたい放題ですが、応援しているチームだったので、その分どうしても色々と言いたくなってしまいます。

    試合終了後は、今大会を去ることになったネドベド選手に駆け寄る多くのイタリア選手の姿が見られました。
    ああいうのはスポーツマンぽくていいですね。
    普通は相手を労う言葉を掛けるのでしょうが、どんな会話なのか気になります。
    性格的に私は勝手に毒吐きアテレコを考えてしまうので、正しい会話のお手本を知りたいものです。

    ということで、グループEはイタリアとガーナが決勝T進出を決めたわけですが、ガーナは初出場で勝ち点6。すごいですね。決勝Tでも何か凄いことをやらかしてくれるのを期待してます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加    


    人気blogランキング
    スポーツcomments(0)trackbacks(1)|-|by 暴れん坊プリン

    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    チェコ 決勝トーナメント逃す
    ネドベド率いるチェコ! 決勝トーナメント出場を賭けた、対イタリア戦 優位に試合を運ぶものの得点できず。 0−2でイタリアの勝利 う〜ん 微妙に喜べない[:しょんぼり:] 混戦模様のグループEでしたが、結局1位はイタリア 2位はガーナとなりました
    • 平凡な会社員トレーダーのブログ
    • 2006/06/23 3:35 AM
     
    新しい記事
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    サイト内検索 アーカイブ カテゴリ
    プロフィール トラックバック
    リンク モバイル
    qrcode
    Others


    ムームードメイン
        

    ページの先頭へ


    ヤズ