<< ドイツW杯:イングランド対ポルトガル | main | ドイツW杯:ドイツ対ポルトガル >>

ドイツW杯:ブラジル対フランス

2006.07.02 Sunday
0
    この対戦も準々決勝にはもったいないですが、今回はブラジルを応援しようかと。
    本当はブラジルが勝ってばっかりのワールドカップもつまらないので、フランスに頑張って欲しいところなんですが、いまのところ、今大会ブラジルから点を取ったのは日本だけなので、他の国に点を取られるところを見たくない。もし、その瞬間が訪れるなら、それは決勝戦だけであって欲しいのというが本音です。

    そうすれば、今回不完全燃焼な形で終わった日本も「ブラジル相手に先制点」って事実が輝いてきますよね。
    だからブラジルにこんなところで負けられては困るんです。

    既に現役引退を表明していて、昔「ジダンが地団駄」なんて微妙なCMにも出てくれた、ジダン選手のワールドカップがここで終わってしまうのは、もったいない、そして寂しい気もしますが、たとえ日本人(というか私)の自己満足に過ぎないとしても、何か大きな思い出が欲しいんです。

    なんて私欲(?)たっぷりに観ていたら、前半はフランスペースで進んでしまい、かなりドキドキしました。
    前半ロスタイムでフランスのFKが2回続いた時には、ちょっと諦めましたモゴモゴ
    そして後半。
    いつまでも調子が上がらないブラジルに対し、じわじわと攻め続けるフランス。そしてついに、フランスのアンリ選手が先制点を決めました泣き顔

    ああああああ…冷や汗
    こうなると、「じゃあ、もう負けちゃえよ」とか思ってしまいます。逆ギレもはなはだしいですが、なんか応援しがいがないですよね。今日のブラジル。
    太って満足に動けないFWをグループリーグというエクササイズでダイエットさせるような「王国」の称号に胡坐をかいた調整を行いながらも、ここまで順調に勝ち上がってきちゃったから、本気の出しどころを見失ってしまったのでしょうか。

    後半になり、ブラジルがやっと本腰を入れようとしたかもしれませんが、時既に遅し。
    終了が近づくにつれ、今大会で初めて見せる必死のプレーも実らず、準々決勝でドイツを去ることに。

    小さな望みより、逆ギレでも感情のこもった思いのほうが実現(?)するもんですね。

    やっぱり期間中になってから最終調整(とくにダイエットとか)するチームが優勝できるほどワールドカップは甘くないんですね。

    そして最後に、勝利を収めたフランスについて。
    坊主率高っ!
    イメージ的にフランスってイタリアの次くらいに見た目を気にしそうな感じですが…。
    いえ、皆さんよくお似合いなのでいいんですけど。
    このエントリーをはてなブックマークに追加    


    人気blogランキング
    スポーツcomments(0)trackbacks(2)|-|by 暴れん坊プリン

    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    W杯ベスト4、ついに決定。
    ついにドイツ・ワールドカップ2006、ベスト4が決まりましたね! みなさん、夜更かし過ぎてヘロヘロだとは思いますが・・・(汗)。 試合の方は延長戦も結構多くて、見てるだけのこっちも大変(笑)。 これだから・・・サッカーは面白い。ましてや世界のサッカー
    • Stylish jam - Blog
    • 2006/07/02 7:41 AM
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2006/07/02 4:12 PM
     
    新しい記事
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    サイト内検索 アーカイブ カテゴリ
    プロフィール トラックバック
    リンク モバイル
    qrcode
    Others


    ムームードメイン
        

    ページの先頭へ


    ヤズ